tv
back
s

みやはらたかおの
日記みたいなコーナーです。
だいたい毎日書いてます。

感想などメールください
s s
s  

2019年5月

s 2019年4月

2019年3月

s 2019年2月

2019年1月

s s

s

s

2018年12月

2018年11月

s

2018年10

2018年9月

s 2018年8月

2018年7月

s 2018年6月

2018年5月

s 2018年4月

2018年3月

s 2018年2月

2018年1月

s s

s

s 2017年12月

2017年11月

s 2017年10月

2017年9月

s 2017年8月

2017年7月

s 2017年6月

2017年5月

s 2017年4月

2017年3月

s 2017年2月

2017年1月

s s

s

s 2016年12月

2016年11月

s 2016年10月

2016年9月

s 2016年8月

2016年7月

s 2016年6月

2016年5月

s 2016年4月

2016年3月

s 2016年2月

2016年1月

s s

s

s 2015年12月

2015年11月

s 2015年10月

2015年9月

s 2015年8月

2015年7月

s 2015年6月

2015年5月

s 2015年4月

2015年3月

s 2015年2月

2015年1月

s s

s

s 2014年12月

2014年11月

s 2014年10月

2014年9月

s 2014年8月

2014年7月

s 2014年6月

2014年5月

s 2014年4月

2014年3月

s 2014年2月

2014年1月

s s

s

s 2013年12月

2013年11月

s 2013年10月

2013年9月

s 2013年8月

2013年7月

s 2013年6月

2013年5月

s 2013年4月 2013年3月
s 2013年2月 2013年1月
s s s
s 2012年12月

2012年11月

s 2012年10月 2012年9月
s 2012年8月 2012年7月
s 2012年6月 2012年5月
s 2012年4月 2012年3月
  2012年2月 2012年1月
  s s
s 2011年12月

2011年11月

s 2011年10月 2011年9月
s 2011年8月 2011年7月
s 2011年6月 2011年5月
s 2011年4月 2011年3月
s 2011年2月 2011年1月
s s s
s 2010年12月

2010年11月

s 2010年10月 2010年9月
s 2010年8月 2010年7月
  2010年6月 2010年5月
  2010年4月 2010年3月
s 2010年2月 2010年1月
  s s
s 2009年12月 2009年11月
s 2009年10月 2009年9月
s 2009年8月 2009年7月
s 2009年6月 2009年5月
s 2009年4月 2009年3月
s 2009年2月 2009年1月
  s s
s 2008年12月 2008年11月
s 2008年10月 2008年9月
s 2008年8月 2008年7月
s 2008年6月 2008年5月
s 2008年4月 2008年3月
s 2008年2月 2008年1月
s s s
s 2007年12月 2007年11月
s 2007年10月 2007年9月
s 2007年8月 2007年7月
s 2007年6月 2007年5月
s 2007年4月 2007年3月
s 2007年2月 2007年1月
s s s
s 2006年12月 2006年11月
s 2006年10月 2006年9月
s 2006年8月 2006年7月
s 2006年6月 2006年5月
s 2006年4月 2006年3月
s 2006年2月 2006年1月
s s s
s 2005年12月 2005年11月
s 2005年10月 2005年9月
s 2005年8月 2005年7月
s 2005年6月 2005年5月
s 2005年4月 2005年3月
s 2005年2月 2005年1月
s s s


2019/6/16 25:30 満月とチーズケーキ

雨上がりで
満月で
雲も星もきれいな
一日でありんした。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/15 25:30 ワカケホンセイインコ

うちの周りにはたくさんの木があるのに
オナガとかヒヨとか、あまり見かけないなと思っていたら
緑色のインコの群れが。
学芸大学のキャンパスにもたくさんいたあの
ワカケホンセイインコ。

外来種とか言われてしまうんだろうけど
人と自然を分ける考え方にはついていけない。
人間を自然の一部として考えたら
いろんな動植物が人と一緒に移動するのは当たり前。
人間のその時々の都合で、
いい動植物と悪い動植物に分けないでほしいよ。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/14 25:30 雨の前

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/13 24:30 青山の船

帰り道、
青山一丁目の本田ビルの前。
クルーザーって言うのかな。
大きな船(大きくないか)が
ゆうゆうと浮かんでおった。
このあたりは標高30メートルあるから
縄文時代でも海じゃないが
海だった頃を勝手に想像した。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/12 24:30 三日月天道

電車に乗っていたら
首筋がむずむずする。
丸いものが手にあたったので
もしかしてカメムシか?
と、あせって手をみたら
三日月のテントウ虫。
自宅からくっついてきたのか
横浜から青山に行ってどうするつもりなのか。
と考えてもしょうがないので
事務所のベランダに放してあげた。
港区で生きていけるかな。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/11 24:30 晴れのち雨

しばらく雨かなあと覚悟を決めていたら
急に晴れた。
湿度は高いけれど
ちょっとうれしい。
太陽がみえると元気になる。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/10 24:30 車のLED

最新の車のヘッドライトはまぶしい!
LEDなのか、下げていても目に来る。
特に高級車のライトは白っぽくて
写真みたいなレインボーの影ができる。
高級な車がまぶしいと
「おらおら、そこどきやがれ」
って言われている気がする。
乗っている人はそれでいいのかもしれないが
イメージ的によくないのではないかなと。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/9 24:30 イギリスのランプ

今度の部屋を最初に見たときから
ここにこのランプを置くんだなと思ってた。
広瀬さんがイギリスで買い付けてきた足に
僕が笠を見つけてきたもの。
部屋で大事なのはカーテンとランプ。
カーテンはとりあえず前の部屋のを取り付けてある。
この部屋には緑のカーテンが合うような気がする。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/8 24:30 にゃあ

パンの上の目玉焼きがにゃあ。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/7 24:30 梅雨っぽい

もう梅雨に入っていると思うよ。
梅雨に入ったって言ってほしいわけでもないし
言われたからって楽になるわけでもないし
むしろうっとうしくなるわけで
宣言してほしくて言っているわけでもないけど
なんかそんな気がしただけさ。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/6 24:30 エアパンツ

「博士、なんですか? そのパンツ」
「パンツ見えてる?」
「いやそうじゃなくて、ズボンですよ」
「近頃はズボンの事をパンツって言うのかい?」
「そうですよ」
「じゃあパンツは何で言うのじゃ?」
「博士のはブリーフですよ」
「小林くんのは?」
「ぼくのはトランクスですよ」
「じゃあ、ふんどしは?」
「ふんどしはパンツじゃないでしょ。ふんどしでしょ」
「それはそうじゃな」
「そんな事より、そのズボンは何ですかって」
「ああ、これな。これはエアパンツというものじゃ」
「エアって何ですか?」
「親父が亡くなった時は大変じゃった」
「はあ」
「85までぴんぴんしておってな、近所のばあさんにモテモテでな」
「はい」
「入院した時もばあさんが次から次とやってきてな」
「あの、その話はこのズボンと関係ありますか?」
「ああ、そうじゃった。親父は85までぴんぴんしておったんじゃが、
 台所で転んでしもうてな。大腿骨骨折じゃ。
 それで寝たきりになってしもうた」
「そういう人多いですね、うちのおばもそうでした。
 なんでみんな外じゃなくて家の中で転ぶんでしょうね?」
「そうじゃな、家の中だと油断するんじゃろうな。
 うちのおばもきれいな人でな、山本富士子そっくりと言われたもんじゃ」
「すいません。おばを言い出したのはぼくですが、そのズボンの話」
「ああ、そうじゃった。これはな、エアズボンと言ってな」
「エアパンツにしましょう」
「そうか? わしにはちょっと違和感あるが
 小林くんがそう言うんだったらエアパンツにしようか」
「はい、その方が売れると思います」
「そうか、売れるか、それはよかった」
「はい、その方が若い人に受けると思います」
「そうか、若い人に受けるのか」
「ところでこれ、どんな物でしたっけ?」
「年寄りが転びそうになると、エアバッグが膨らんで
 骨折を予防してくれるのじゃ」
「それはいいですね」
「そうか、いいか。若い人に売れるかの?」
「いや、若い人には売れないと思います」
「そうか、売れないか、残念じゃな」
「エアズボンの方がいいと思います」
「そうか。やっぱりエアズボンがいいか」

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/5 24:30 水道

分解が好きな子どもでした。
親のいない時間を見計らって
家電を片っ端から分解しては
帰ってくるまでに元に戻すという
スリリングな遊びをやっていたせいで
今でも大抵ものは修理できる(気がする)。
ということで
流しの蛇口が今時なシャワーヘッドになっていて
もう20年も使っている浄水器(シーガルフォー)が使えない時。
アマゾンでTOTOのシンプルな水栓を安く買って
自分で取り替えるのが一番安いとなったら
やるしかない、というか、やりたい。
蛇口の元に分岐水栓という物をつけて(食洗機みたいに)
という手もあるけれど
それだと部品代だけで高いのでした。
YouTubeにも自分で交換した人の動画があって
予習したから簡単と思いきや
外すのが一苦労。
でも一度やったら簡単。
難しそうに見えるけど
こんな簡単だったのかという感じで
また一つ、自分でできることが増えてうれしい。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/4 24:30 bonbonstore

ボンボンストアの展示会が開催中。
今回は慶子にロゴだけでなくて
デザインも最初から担当してもらいました。
ボンボンストアの傘はカラフルで
見ているだけで元気になります。
新宿伊勢丹、本館1階で6/11まで、ぜひ!

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/3 24:30 引っ越し

北斎みたいに生涯に93回も引っ越したという人もいるけれど
ぼくは比較的少ない方で
8回目になるのかな。
不思議なもので
まったく知らない場所に引っ越しても
1週間もすると慣れてしまって
間違えることなく新しい自宅に向かっている。
当たり前と言えば当たり前だけど
この適応力こそが人間が地球にはびこった一因なんだろう。

適応力といえばこないだNHKの遺伝子の番組で
衝撃的な内容があった。
親から受け継いだ遺伝子にはスイッチみたいなものがあって
スイッチが入らなければ親から引き継いでも効力がない。
その時の状況によってスイッチが入ったり入らなかったり、
例えば音楽を毎日長時間聞き続けたら、音楽の才能のスイッチが
年配の人でも入ったりするらしい。
前はこのスイッチは生まれた時点では全部リセットされると思われていた。
ところが最近の研究によると
生まれる前の親のスイッチの状態が
子どもに引き継がれる場合があるらしい。
例えば、親が飢餓状態の時に生まれた子は
親と同様に脂肪を蓄える遺伝子のスイッチが入ったまま生まれてくるとか。
これがもし全ての遺伝子にあてはまるとしたらえらいことだ。
子どもが生まれる時の親の行動がそのまま子に受け継がれることになる。
いやもしかしたら、環境に適応するために受け継がせるのか。
いずれにしろ、親の行動様式によって
子どもの未来が変わってしまうという
なんとも恐ろしい話なのであった。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/2 25:30 部屋になる

新しい部屋は
リビングの壁紙だけを自腹で貼り替えてもらった。
やっぱり白だといろんな色が映える。
ランプを置いて
スピーカーとか出したら
我が家になりました。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

2019/6/1 25:30 モンシロチョウ

父の葬儀の次の日、
実家の近所を散歩していたら
やたらとモンシロチョウが飛んでいた。

ジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューンジューン

all rights reserved © 1938.jp takao miyahara