tv
back
s

みやはらたかおの
日記みたいなコーナーです。
だいたい毎日書いてます。

感想などメールください
s s
s

2021年6

2021年5月

s 2021年3月

2021年3月

s 2021年2月

2021年1月

s s

s

s

2020年12月

2020年11月

s

2020年9月

2020年9月

s

2020年8月

2020年7月

s

2020年5月

2020年5月

s

2020年4

2020年3月

s 2020年2月

2020年1月

s s

s

s

2019年12月

2019年11月

s

2019年10月

2019年9月

s

2019年8

2019年7月

s 2019年6月

2019年5月

s 2019年4月

2019年3月

s 2019年2月

2019年1月

s s

s

s

2018年12月

2018年11月

s

2018年10

2018年9月

s 2018年8月

2018年7月

s 2018年6月

2018年5月

s 2018年4月

2018年3月

s 2018年2月

2018年1月

s s

s

s 2017年12月

2017年11月

s 2017年10月

2017年9月

s 2017年8月

2017年7月

s 2017年6月

2017年5月

s 2017年4月

2017年3月

s 2017年2月

2017年1月

s s

s

s 2016年12月

2016年11月

s 2016年10月

2016年9月

s 2016年8月

2016年7月

s 2016年6月

2016年5月

s 2016年4月

2016年3月

s 2016年2月

2016年1月

s s

s

s 2015年12月

2015年11月

s 2015年10月

2015年9月

s 2015年8月

2015年7月

s 2015年6月

2015年5月

s 2015年4月

2015年3月

s 2015年2月

2015年1月

s s

s

s 2014年12月

2014年11月

s 2014年10月

2014年9月

s 2014年8月

2014年7月

s 2014年6月

2014年5月

s 2014年4月

2014年3月

s 2014年2月

2014年1月

s s

s

s 2013年12月

2013年11月

s 2013年10月

2013年9月

s 2013年8月

2013年7月

s 2013年6月

2013年5月

s 2013年4月 2013年3月
s 2013年2月 2013年1月
s s s
s 2012年12月

2012年11月

s 2012年10月 2012年9月
s 2012年8月 2012年7月
s 2012年6月 2012年5月
s 2012年4月 2012年3月
  2012年2月 2012年1月
  s s
s 2011年12月

2011年11月

s 2011年10月 2011年9月
s 2011年8月 2011年7月
s 2011年6月 2011年5月
s 2011年4月 2011年3月
s 2011年2月 2011年1月
s s s
s 2010年12月

2010年11月

s 2010年10月 2010年9月
s 2010年8月 2010年7月
  2010年6月 2010年5月
  2010年4月 2010年3月
s 2010年2月 2010年1月
  s s
s 2009年12月 2009年11月
s 2009年10月 2009年9月
s 2009年8月 2009年7月
s 2009年6月 2009年5月
s 2009年4月 2009年3月
s 2009年2月 2009年1月
  s s
s 2008年12月 2008年11月
s 2008年10月 2008年9月
s 2008年8月 2008年7月
s 2008年6月 2008年5月
s 2008年4月 2008年3月
s 2008年2月 2008年1月
s s s
s 2007年12月 2007年11月
s 2007年10月 2007年9月
s 2007年8月 2007年7月
s 2007年6月 2007年5月
s 2007年4月 2007年3月
s 2007年2月 2007年1月
s s s
s 2006年12月 2006年11月
s 2006年10月 2006年9月
s 2006年8月 2006年7月
s 2006年6月 2006年5月
s 2006年4月 2006年3月
s 2006年2月 2006年1月
s s s
s 2005年12月 2005年11月
s 2005年10月 2005年9月
s 2005年8月 2005年7月
s 2005年6月 2005年5月
s 2005年4月 2005年3月
s 2005年2月 2005年1月
s s s


2020/7/27 22:00 抜け殻

蝉が一斉に鳴きはじめて
夏本番になった。
7時15分くらいになると
申し合わせたように静かになって
ときおりじりじり言っている。
夜は静かだ。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/25 22:00 台風がくる

空が激しいので
台風がくるので
あしたはみんなお休みにしたらよい。
そうだ、そうだ。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/24 23:00 百合

百合が咲いていると夏って感じがする。
白い百合もいいけれど
やはりオニユリが夏だな。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/24 21:10 サッカー

まだオムツでお尻の重そうな男の子が
暑いのにサッカーボールを蹴っていた。
しかもけっこう長い時間(たぶん1時間以上も)。
きっとテレビを観て、やる気になったんだと思う。
ぼくらの頃は野球が多かったが
最近はあんまり流行らないんだろう。
兄が僕を連れ出して
ピッチングの練習をさせられたことを思い出した。
兄はいつもキャッチャーで
ぼくは肩が痛くなるまで投げさせられた。
巨人の星の放送の後はいつもそうだった。
兄はなぜだか星一徹のつもりだったのだ。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/23 24:10 ガオーッ

まだまだ蒸し暑い中、
オリンピックが始まって
開会式をみていたら
あんまり長いから
途中アマプラとネットフリックスでドラマを挟んでも
まだまだやっていた。
選手の方は疲れてないかな。
暑い中、ごくろうさんなことで
気の毒だなあと思っただけで
こっちまで疲れた。
とにかくなんとか始まったので
無事終わってくれれば、それでよし。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/22 23:10 ニイニイゼミ

今年もいつものエノキにあらわれた。
ヒグラシより小さめの泥だらけの抜け殻。
ニイニイゼミは今年もチーって鳴いている。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/21 21:30 動画日記

Logicっていう音楽ソフトのお勉強をしていて
できてしまった音に去年の動画を合わせて
YouTubeにアップしてみた。
何ごとも数をこなさないと分からないくて
僕は何でも時間がかかってしまうたちなので
継続が大事かなと。
去年は普通に始まったけれど
春からあたふたと前半が終わって
何もしないうちにまったりと終わってしまった。
そのわりに大分とかいろいろ遠出してた。
3分くらいの動画なので
時間のある方はみてやってください。

https://youtu.be/ZqkdVfRLjwE

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/20 21:30 ひゅんひゅん

きょうは暑くて
雲がひゅんひゅんと
楽しそうに飛び回るような
一日じゃった。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/19 23:10 日傘

さいきんは男性用の日傘もあるらしい。
日傘があると涼しそうだなと思うけど、
おっさんのくせに日焼けを気にしているのかと思われそうで
ちょっと恥ずかしいのと
面倒なので、ちょっと迷う。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/18 23:30 昼の月

7時でも明るい。
日が長くなったなあ。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/17 22:30 鳥葉

ピ!って感じの葉っぱ。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/16 21:40 雨漏り

事務所の南側の天井がちょっと濡れている。
それほど深刻ではないのだが
雨漏りはいやなので
不動屋さんに電話したら
専門の業者みたいな人がやってきた。
不動産やさんが言うには
とても優秀な人らしい。
写真の赤外線装置でもって
ちょっと見ただけで
屋上のあそこをこうすれば直ります。
と自信満々。
鉄筋コンクリートの雨漏りというのは
とても難しくて
普通はあんな風に言い切る業者はいない。
簡単に直るような口ぶりにちょっと驚いたが
期待がもてそう。
うまいこと直ったらうれしいな。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/15 22:40 夏か

朝からはっきりしない天気だったのが
急に夏になった。
カラッと晴れて
青色に白い雲。
夜はまだ少しじめじめしているけれど
梅雨もそろそろ明けるのかな。
こんな陽気の中で
エアコンのない国立競技場の中で
陸上競技なんかできるんだろか。
キャンプもろくに出来ない中で
灼熱地獄にならないといいのだが。
何にしろ
恥ずかしいことにならないように祈るしかない。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/14 21:40 矢印意識

この動画、タイトルはあれだけど、養老さんの話は面白い。

https://youtu.be/IUorgmS9v70

この動画の中で
養老さんは意識を矢印に例えている。
ぼくは意識は座標みたいなものだと思ってた。
意識は耳と耳の間にあって
心はもっと下にある。
自分と他者を分けるのが意識だけど
境界線ははっきりしない。
動物でも鏡に写った生き物を自分だと認識できる者もいる。
魚でもある程度の知性があるのが最近分かってきたらしい。
ウィルスは生物学的には生物ではないらしいが
人という相手を認識していたら
意識もあるかもしれないし
生き物だと思ってもいいと考える。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/13 21:40 羽根

うちのアパートで繁殖しているムクドリも
第二弾が順調に育っている。
なんかどんどん増えている気がする。
ムクドリの巨大な群れになったら困るのだが
ムクドリには罪はないので
まあしょうがない。
あんまり増えていくようだったら
管理組合に伝えないといけないなと思ってる。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/12 22:40 かゆみの

庭にピンクのキノコが出ていたので
写真を撮っていたら蚊にさされた。
ヤブ蚊みたいでかゆい。
かきたいのを我慢していて
この商品のことを思い出した。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01JAUGTMS/

ネットで紹介されていて
インチキだという人もいれば
素晴らしい商品だという人もいる。
試してみないと何とも言えないのだけど
いつも品切れになっている。
大分前に売っていたときは確か三千円台だったと思う。
どういう仕組みかというと
ペン先みたいなところを蚊にさされた部分にくっつけると
数秒で51℃まで温度が上がるようになっていて
それだけでかゆみも腫れもなくなると紹介されている。
そうか、あたためてみるかと思って
試しにしばらく指を赤くなったところに押当ててみた。
そしたらば、あら不思議、確かにかゆみはおさまった。
ちょっとかゆみがぶりかえすたびに指を押当てること数回。
いつの間にかまったくかゆくなくなってしまった。
ちなみに、僕の手からは何か出ているらしいと
気功とかマッサージの先生に言われたことあるから
そのせいかもしれないが
暇な方は一度おためしあれ。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/11 22:40 雨

きょうはうってかわって激しい天気。
小さい雹みたいなのが降ったと思ったら
ものすごい勢いで雨。
東京では虹が出たらしい。
こっちも出たのかもしれないが
見逃した、残念。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/10 22:40 晴れ

きょうは朝から久々に晴れた。
でも夜には雷光って
すごい勢いで雨がざーっときた。
雨の音が大きくて何事かと思った。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/9 23:30 Venderwoh!

ユザーンのCDなどを一緒に作った福山家の二人が
いま伊勢丹メンズ館2階で展示中。
今回は野球と格闘技をテーマに(たぶん)
あいかわらずの不思議な福が並んでいます。
野茂をイメージして作られたロングコートがかっこよい。
20日までです、
興味のある方はおそるおそる覗いてみてください。
ちなみに左の人はあの桜庭和志。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/8 22:30 わだときわ展

きょうはディーズホールにて
わだときわ展。
コウゾにミツマタをブレンドして
手漉きされた分厚い紙に
20版も刷られたリトグラフ。
それも1版刷ってから次の版を作り
試行錯誤しながら、絞って行くので
エディションは3部くらいになってしまうらしい。
時間と手間もかかっているけれど
作品はそれを感じさせない軽やかな仕上がりで
とにかく色彩がきれいでです。
眼福であります。
月曜日まで、ぜひ!

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/7 23:00 1000億

アーサー・C・クラークはたまに不思議なことを言う。
 人類が誕生し以来、亡くなって行った人の数は1000億人。
 銀河にある恒星(太陽みたいに自分で光っている星)の数も1000億。
一体何の話なんだろう。
亡くなった人の数だけ星があるってどういうこと?
ちなみに
この宇宙には銀河系みたいな星の塊が無数に存在している
それも一説には1000億。
これも関係あるのかな。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/6 23:00 クチナシの白い歯

くちなしのー
しろいはなー
おまえのーよーおーなー
とか歌いながら
花びらを一枚、前歯に貼付けて
「白い歯ー!」
と友達に見せるのが流行っていたのを
毎年思い出すのだが
田舎でも最近の子はそんな遊びはしないに違いない。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/5 22:10 8億回

心拍数の高い生き物は寿命が短く
心拍数の低い生き物は長生きで
どちらも一生に8億回くらいという話もある。
(もちろん例外あり)
心拍数の高いネズミより
心拍数の低い象が長生きだけど
どちらがいいとか、そういうことではないだろう。
心拍数が高いということは時間の感覚も違っていて
同じ1時間でもネズミにとっては長く
象にとっては短いかもしれないので
結果、あまり変わらない一生かもしれない。
動物の中では比較的長生きの人間がえらいということもない。
植物なんか何百年も生きるから
人の動きはあまりに速くて見えてないのかもしれないし
人にとっては植物の動きは遅過ぎて
見えないだけのだと思うのだ。
もし木と話ができるしても
人が木に話しかけると
来週あたりに返事がくるかもしれないし
そもそも返事の波長が長過ぎて
変換しないと分からない。
それでも話ができたら楽しいだろう。
植物は一般に考えられているよりも
ずっとえげつない性格だろうと思う。
何億年も厳しい競争を生き抜いた生き物だから
優しさなど、これっぽっちもないのかも。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/4 22:50 アサリ認証の青

アサリ認証システムが実用化されたら
コンビニとかでアサリをかざして、ピピッと。
実用化されたとしたら
青いアサリがいいなあ。
自分で選べるかなあ。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/3 22:30 親子

サクラの親子。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/2 23:00 ミニヒマワリ

こういう品種なのか
北側の花壇で
日差しがないからなのか分からないけれど
10センチくらいの背丈で
ヒマワリが咲いている。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

2020/7/1 23:30 120年

孟宗竹は60年周期で
真竹は120年周期で
一斉に花を咲かせて
みな枯れてしまうとか。
ここ数年がその真竹の120周期にあたるので
いま全国あちらこちらで竹の花が咲いて
枯れているという話。
ぼくが小学校の頃に見た竹の花は
川縁に生えている篠竹だった。
クワガタがよくいる木の周りの竹に
稲穂みたいなのが一斉についていて
独特の匂いがしてた。
篠竹は何年周期なのか、
調べたけれど分からなかった。
写真は節が白いからたぶん孟宗竹。

ひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつひちがつ

all rights reserved © 1938.jp takao miyahara