tv
back
s

みやはらたかおの
日記みたいなコーナーです。
だいたい毎日書いてます。

感想などメールください
s s
s  

2019年3月

s 2019年2月

2019年1月

s s

s

s

2018年12月

2018年11月

s

2018年10

2018年9月

s 2018年8月

2018年7月

s 2018年6月

2018年5月

s 2018年4月

2018年3月

s 2018年2月

2018年1月

s s

s

s 2017年12月

2017年11月

s 2017年10月

2017年9月

s 2017年8月

2017年7月

s 2017年6月

2017年5月

s 2017年4月

2017年3月

s 2017年2月

2017年1月

s s

s

s 2016年12月

2016年11月

s 2016年10月

2016年9月

s 2016年8月

2016年7月

s 2016年6月

2016年5月

s 2016年4月

2016年3月

s 2016年2月

2016年1月

s s

s

s 2015年12月

2015年11月

s 2015年10月

2015年9月

s 2015年8月

2015年7月

s 2015年6月

2015年5月

s 2015年4月

2015年3月

s 2015年2月

2015年1月

s s

s

s 2014年12月

2014年11月

s 2014年10月

2014年9月

s 2014年8月

2014年7月

s 2014年6月

2014年5月

s 2014年4月

2014年3月

s 2014年2月

2014年1月

s s

s

s 2013年12月

2013年11月

s 2013年10月

2013年9月

s 2013年8月

2013年7月

s 2013年6月

2013年5月

s 2013年4月 2013年3月
s 2013年2月 2013年1月
s s s
s 2012年12月

2012年11月

s 2012年10月 2012年9月
s 2012年8月 2012年7月
s 2012年6月 2012年5月
s 2012年4月 2012年3月
  2012年2月 2012年1月
  s s
s 2011年12月

2011年11月

s 2011年10月 2011年9月
s 2011年8月 2011年7月
s 2011年6月 2011年5月
s 2011年4月 2011年3月
s 2011年2月 2011年1月
s s s
s 2010年12月

2010年11月

s 2010年10月 2010年9月
s 2010年8月 2010年7月
  2010年6月 2010年5月
  2010年4月 2010年3月
s 2010年2月 2010年1月
  s s
s 2009年12月 2009年11月
s 2009年10月 2009年9月
s 2009年8月 2009年7月
s 2009年6月 2009年5月
s 2009年4月 2009年3月
s 2009年2月 2009年1月
  s s
s 2008年12月 2008年11月
s 2008年10月 2008年9月
s 2008年8月 2008年7月
s 2008年6月 2008年5月
s 2008年4月 2008年3月
s 2008年2月 2008年1月
s s s
s 2007年12月 2007年11月
s 2007年10月 2007年9月
s 2007年8月 2007年7月
s 2007年6月 2007年5月
s 2007年4月 2007年3月
s 2007年2月 2007年1月
s s s
s 2006年12月 2006年11月
s 2006年10月 2006年9月
s 2006年8月 2006年7月
s 2006年6月 2006年5月
s 2006年4月 2006年3月
s 2006年2月 2006年1月
s s s
s 2005年12月 2005年11月
s 2005年10月 2005年9月
s 2005年8月 2005年7月
s 2005年6月 2005年5月
s 2005年4月 2005年3月
s 2005年2月 2005年1月
s s s


2019/4/18 24:00 ROMA

Netflixでローマを観た(大分前だけど)。
今や年間制作費一兆円とも言われるNetflixが
ついにアカデミー賞作品賞をとれるレベルの作品を作った。
ということで少なからずハリウッドをびびらせた作品(たぶん)。
ネット発の映画は映画なのか?
という話にもなるわけだけど、
結局、作品賞はとれなくて
外国語映画賞という無難な着地点。
そりゃそうだよね。
ネット発の映画はハリウッドの敵かもしれないわけで
そんなに簡単に作品賞はあげられない。
でも普通の映画だったら作品賞をとってもおかしくなかったと思う。
そのとばっちり?を受けたのが万引き家族。
ローマがなかったら万引き家族が外国語作品賞をとったかも
と言う人もいるけれど
カンヌやベネチアをとった映画には賞をあげたがらないのがアカデミー賞なので
ローマがなかったとしても難しかったかな。
この二つの映画は後半に海がでてきたり
本当の家族でない家族の話だったり
感覚的に共通点がある気がする。
時代感覚というものなのかもしれない。
カメラマンを変えてまでドキュメンタリータッチにした万引き家族と
あえてモノクロにして映像にこだわったローマ。
きれいな絵を重ねるだけでは映画にならなくて
それが許されるのはタルコフスキーくらいだけど
それでも映像はきれいな方がいい。
ローマはパソコンで観たから
フィルムなのかデジタルなのか分からないが
もしデジタルで撮っていたらカラーデータもあるはず。
メキシコの光をカラー版で観れたら映画館で観たいなあ。
ちなみにローマは今劇場公開中。
映画館で観た方がよいと思います。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/17 25:00 マルハナ

ベランダのレンゲソウに
マルハナバチがやってきた。
マルハナバチは丸っこくて少々太めなので
花がいちいちぶらんと下がる、重そう。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/16 25:00 外苑前のアヒリア

きょうは珍しく午前中から働いて
ランチに誘われた。
ランチなんてひさびさ。(朝昼兼用なので、一日二食)
鉢屋という和食のお店はもう完売だったので
アヒリアという南インド料理に行くことに。
ユザーンのインスタに載っていたこれを見て
https://www.instagram.com/p/Bsm5tuMnPFT/
いつか食べたいと思っていたマサラ・ドーサのランチ。
もちろんユザーンのみたいに大きくなくて普通サイズ。
ドーサの中にいろいろ入ってマサラ・ドーサっていうらしい。
今日のは中にポテトが入っていた。
帰ってサイトを見ていたら
もう10年も前に
大崎店のメニューのフォーマットのお手伝いをしたお店だった。
(その場で気がつけよって話)
代々木店もあります、インドの方が多い本格店な南インド料理、おすすめです。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/15 25:00 寒春

あったかくなったと思ったら
また風がつめたくて
冬みたいと思ったら
またあったかくなって
そうやって春になって行くのです。
あたりまえの事を言ってみた。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/14 25:00 物件

きょうは近所の不動産物件を見に行った。
物件を見るのは楽しい。
とても感じのよい不動産屋さんだった。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/13 25:30 菜の花

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/12 25:30 ひよすずめ

都会のヒヨは人が恐くないのか
近づいても逃げない。
よくみると近くにスズメもいる。
1メートルでも逃げない。
50センチくらいで、やっと逃げた。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/11 25:30 カラス

自由が丘の「黄色いカラス」が
5月で閉まってしまうということで
山下くんと行ってきた。
閉店となるとお客さんがたくさんやってきて
満員だったりして
このままずっと営業して閉店詐欺したらいいのに
なんて言いながら飲んできた。
古い店はどんどんなくなって
寂しい気もするが
未来永劫続くものなんか無い。
滅びの美学は日本人の得意とするところ。
千鳥ヶ淵の桜も年々少なくなって行くからこそ
あるうちに見ておかなきゃって思うわけで
諸行無常なわけであります。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/10 25:30 モクレン

四月十日はフォントの日だったらしい。
英語のフォーと日本語の十が混じっているのが
なんだかなあという感じはするけれど
語呂がいいから許す。
僕に許されてもしょうがない。
フォントと言えば新札のデザインの
ゴシック体の1000が気になる。
人選も気になる。
世の中はたかおじいさんの気にいらないことばかり。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/9 25:30 近くの桜

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/8 25:30 レンゲソウ

九州の実家の前には田んぼがあって
毎年冬になるとレンゲソウが生えていた。
豆科の植物を植えると
根に窒素をため込むので(根粒細菌)
肥料代わりだったんだろう。
昔の田舎にはよくある風景だった。
田んぼが全部レンゲソウの花畑になって
走り回ったり、寝転がったり
なぎ倒しても怒られなかったのが不思議。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/7 25:30 夕焼け

おとといのジブリみたいな夕焼け。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/6 25:30 わすれもの?

大人くらいの背丈の木の上に
だれかさんの忘れ物。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/5 25:30 満開

毎年のことながら
裏山の桜はよい。
ヒノキの濃い緑に
桃の濃いピンク。
サンシュユの黄色に新芽の緑。
これはまさに春の詰め合わせセットや!
きょうはちょうど満開となって
桜の吹雪がときおりぶわーっと。
歌舞伎の桜吹雪もかなわない。
ソメイヨシノの花ビラは
ゆっくり舞うために作られたのだと思う。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/4 25:30 耳

もう何年も迷った末に
手に入れてしまったチェコスロバキアの耳。
"The ear"と呼ばれるスピーカー。
何で迷ったかというと大きいから。
横幅が40センチもあって
うちの小さい子たち(スピーカー)が
こわがるんじゃないかと。
置くところないし。
音を聞いたら満足して
ヤフオクで売ってしまおうと思ったのだが
聞いてみたらばとてもよい。
さすがチェコスロバキアの名門。
今はテスラというと電気自動車の方が有名だけど
古い方のテスラは旧チェコスロバキアの国営企業。
今でもオーディオマニアには真空管で有名なのは
ボヘミアグラスの伝統があったからなのかな。
アシンメトリーのデザインもすごいけど
8ミリもあるぶ厚いベークライトの箱が奏でる音は
まさに音楽そのもの。
優しいヴォーカルが目の前で僕のためだけに歌ってくれているような。
でも置くところがない。
どうしよう。
こういうスピーカーを真空管で鳴らしてくれる古い喫茶店があったらいいのに。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/3 24:30 長持ち桜

あいかわらずの寒さ。
でもそのおかげで
満開が長く続くから
悪いことばかりでもなし。
週末にはあたたかくなって
ぱーっと散る桜が見られるであろうことよ。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/2 24:30 ミニ水仙

道ばたに背丈が5センチくらいの水仙が咲いていた。
栄養が足りないのか。
じゃないとしたら、量産して
ミニ水仙として売り出したらよいと思う。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

2019/4/1 25:30 まゆ歯科

ひさびさの歯科医院、
診察台に横になったとたん眠気がおそってきた。
歯石をとるのが上手な助手の方だったせいもあって
いつの間にか、うとうととしてしまった。
目の上、まゆのあたりに違和感を感じて目がさめた。
起き上がると先生が手鏡を持ってきて
「いかがですか?」
と満面の笑み。
老眼鏡をかけてないからよく分からないが
特に問題ないように見える。
と、眉毛のあたりがかゆくて触ったら驚いた。
眉毛の上の一列を残して
下を全部そってあったのだ。
上からふわっと一列の毛をたらしてあるから
遠目には普通に見えるのだが
それを持ち上げてみると青い。
「まゆ毛はいじらないで下さいって言ったじゃないですか」
と怒ったところで目がさめた。
歯石をとりに行ってない。
そろそろ行かなきゃ。

エイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリルエイプリル

all rights reserved © 1938.jp takao miyahara